緑内障で失明へのカウントダウンが始まっています

眼科医の緑内障に対する指導は、 目薬を処方すること そして 「あまり目を使い過ぎずに休めなさい」 と、生活指導を行なうこと。 これぐらいしかありません。 実際、これだけ発達した現代医学を持ってしても 緑内障には、それぐらいのことしかできないのです。 眼科医自身、緑内障の治療を 半ばあきらめてしまっているようなことが 現状なのです…

続きを読む

緑内障は失明原因の第1位

ここ数年、 緑内障の悩みを抱える方んが 急増しています。 緑内障は今や、 日本人の失明原因の第一位に挙げられる病です。 しかも、40歳以上の20人に1人が 緑内障患者、もしくは予備軍といわれています。 自覚症状のない方、 病院で診察を受けていない方を含めると もっと増えるかもしれません。 さらに、このペースでいくと 1…

続きを読む

どうして緑内障になるのですか? その原因は?

どうして緑内障になるのですか? 目の前半分で血液の役割を果たすのが、 房水という透明な液体です。 房水は眼球内で作られ、水晶体と角膜内面などに 栄養を与えたのち、排水管から目の外の血管に 向かって排出されます。 この排出機能がなんらかの原因で悪くなり、 房水が目の中にたまりすぎると眼球内の圧力が高くなり、 視神経を圧迫して傷つけ、視野が…

続きを読む

コンタクトレンズが緑内障を進行させる

今、多くの方が コンタクトレンズや メガネなどの視力矯正器具をお使いです。 実は、これらの器具を あまりオススメしていません。 なぜなら、目は本来、 そういうものが無い状態でも 一生、快適に視力を保持できるだけの 機能を持っているからです。 また、これらの器具を装着することで 「必要以上に見え過ぎてしまう」 ことも大きな問題で…

続きを読む

緑内障に治療は目薬だけ?

緑内障の治療には 「目薬しかない」 こんな固定観念は 捨ててしまってください。 もちろん、 眼圧をすぐにでも下げたいときなど、 急を要するとき、目薬を点すことも必要でしょうが… また、 「緑内障は治らない」 という常識も うのみにしないでください。 西洋医学で治療の方法が 確立されていないからといって …

続きを読む