脳と視力と魚の関係



『脳と視力とオサカナの関係』


についてです。



あなたは


「魚を食べると頭がよくなる」と


聞いたことはありませんか?



これ、実は迷信でも何でもありません。
科学的にも実証されている事実なのです。


魚の油には、脳の発達や働きを向上させてくれる
栄養素・DHAがたくさん含まれています。


DHAは、

とくに脳や神経組織に多く存在し、
これらの組織が発達するときに
欠かせない栄養素といわれています。


DHAを摂取することで
読解力、読み書きなどの学力が上昇することが
実験によって確認されている上、

集中力アップや社会性の構築など、
子どもの精神的な能力を向上させることも
期待されています。


実はこのDHA、
目の網膜や視神経にもたくさん存在しています。


視神経の細胞膜にDHAが多く含まれると、
情報を伝える働きがスムーズになり、
網膜に映った像を素早く、
正確に脳へ伝えることができます。


ある研究機関の研究によると、

DHAを摂取した乳児は
DHAを摂取しなかった乳児と比べて、
視力が高くなることが示されたそうです。


こうした知見からも
DHAは、網膜や視神経の働きを活発にし、
子どもたちの目の健康維持、
視覚機能の向上に重要な栄養素と考えられ
研究が進んでいます。


大人のあなたはもちろんのこと、

お子さまの脳と目のためにも
食卓には「魚」をおすすめします。




視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」